株式投資講座(改訂版)

反転フォーメーション

反転フォーメーションとしては、ヘッドアンドショルダーズダブル・フォーメーションが良く知られています。

反転フォーメーションとは

反転フォーメーションとしては、ヘッドアンドショルダーズダブル・フォーメーションが良く知られています。その他にも、 ライン型ソーサー型V字型があります。

株式・投資人気ベスト10

フォーメーション分析(続き)

2.反転フォーメーション

2.1 ヘッドアンドショルダーズ・フォーメーション

ヘッドアンドショルダーズ・トップ   図に示すヘッドアンドショルダーズ・トップ(H&S-T)フォーメーション は文字通り頭と両肩からなる。 日本では、三尊(左肩:普賢、頭:釈迦、右肩:文殊)として一般に良く知られている。 サポートライン(SL)とチャンネルライン(CL)に沿って上昇した後、 ある時点で上昇がチャンネルラインに届かなくなり、頭を形成した後下落し、SLを割ってしまう。 その後、値を戻そうとするため右肩が完成するが、SLあるいはその下で勢い尽きて反落する。 頭と両肩の交点を結んだラインをネックライン(NKL)と言うが、 NKLを切った後、再度上昇を試みる局面(リターンムーブ)が現れるが、NKLを越えられず再度反落する。 このフォーメーションでは、左肩で出来高が最大となる。その後、出来高は徐々に減少するが、 NKLを切った頃から再度増加する。このパターンでは、NKL付近の出来高次第でフェイリャー(Failure:失敗)が発生することがある。 リターンムーブで出来高を伴ってNKLを超えた場合は、H&S-Tの形成が失敗し新たな波動が始まったと考えられる。 また、H&S-Tは5分足のパターンとしても頻繁に現れる型であるが、5分足の場合はフェイリャーの発生頻度も高い。

ヘッドアンドショルダーズ・ボトム>   ヘッドアンドショルダーズ・ボトム(H&S-B)・フォーメーションは、 レジスタンスライン(RL)とCLに沿って下落した後、 H&S-Tフォーメーションとは上下が完全に逆転した形状で反騰するパターンである。 H&S-Tフォーメーションと異なる点は出来高であり、c波がNKLを越えた付近から急増する。 またH&S-Bでもフェイリャーが発生することがある。 このケースでは、リターンムーブで出来高を伴いながら、NKLを下抜け、 その後はそれほど出来高が増えることなく新たな下げトレンドへ入って行く。 H&S-Bは5分足のパターンとしてはH&S-Tほど頻繁に発生しないし、発生した場合でも様々な パターンのフェイリャーを伴うことが多い。これは、一般的に底形成パターンでは、天井形成 パターンに比較して出来高が低いため、僅かな需給バランスの崩れで価格変動を起こしやすい ことに起因していると考えられる。

2.2 ダブル・フォーメーション

ダブル・フォーメーション   ダブル・フォーメーションはH&S-TあるいはH&S-Bに比較して、より出現頻度が高いパターンであり、 5分足分析でも頻繁に観察される。 ダブルトップは、 エリオット波動第5波がフェイリャー を起こしたケースである。フェイリャーは相場の典型的な反転信号であり、 H&S-Tに比較して急速にネックライン(NKL)を割り込む。その後リターンムーブはあるものの、 NKLを越えることが出来ず、さらに下値を模索することになる。ダブルボトムダブルトップの 上下を反転したパターンであるが、出来高が異なる。即ちダブルトップの場合、 最初の高値(エリオット波動第3波)で出来高が最高となるが、 ダブルボトムではNKLを越える付近から出来高が急増する。

  ヘッドアンドショルダーズ・フォーメーションも含め、 これらフォーメーションではNKLから高値または安値までの値幅を、NKLを中心に反転させた価格が下値または上値目標値となる。 しかしながら、これらの目標値は、 他のサポートラインやレジスタンスライン との関係や相場の強弱感等により上下するので、あくまで目安値と考えるのが無難である。

2.3 その他のフォーメーション

  上記以外の反転フォーメーションとして、ライン型ソーサー型V字型の反転フォーメーションがある。

このページのトップへ戻る

<参考文献>

  1. 日本テクニカルアナリスト協会編, 「 日本テクニカル分析大全 」, 日本経済新聞社,2004年8月2日,第1版1刷.
  2. 林康史, 「 エリオット波動―ビジネス・サイクル 」, 日本証券新聞社,2000年6月1日,改訂新版.
  3. 会社四季報CD-ROM2008年3集夏号 」, 東洋経済新報社.
  4. アルバート-ラズロ・バラバシ(青木薫訳),「 新ネットワーク思考―世界のしくみを読み解く 」, 日本放送出版協会, 2002年12月,第1刷.
  5. ジェイク・バーンスタイン(青木俊郎訳),「 投資の行動心理学 」, 東洋経済新報社,2003年8月,初版.
  6. ピーター・リンチ(酒巻英雄監訳),「 ピーター・リンチの株式投資の法則―全米No.1ファンド・マネジャーの投資哲学 」,ダイヤモンド社, 2002年3月, 第11版.

* 無断転載禁止。
* どのページでもご自由にリンクして下さい。
* 「相互リンクコム」に関するご意見・ご質問等がございましたら こちらからメールをご送付下さい。

株式投資講座メニュー
株式投資講座ホーム

簡単に儲かるの?

どうすれば儲かるの?

株式投資入門 その1

株式投資入門 その2

<テクニカル分析手法>
 ☆エリオット波動原理
 ☆一目均衡表
 ☆トレンド分析
  -グランビルの法則
  -ボリンジャーバンド
  -DMI:方向性指数
 ☆フォーメーション分析
  -継続フォーメーション
  -反転フォーメーション

投資家に必要な資質

株式投資用語集

お楽しみサイト
東洋・西洋占星術
今月の運勢 - 月間無料占い
今週の運勢 - 週間無料占い
今日の運勢 - 無料占い
誕生日占い
相性占い
恋愛占い
無料姓名判断で読み解く運命
タロットカードで無料占い
手相占いによる未来診断
飛星派風水で住宅開運
夢の夢占い
男と女の心理学と心理テスト
ザ・ホラリー占星術

無料SEO対策

相互リンクホーム

関連リンク
ネットショッピングNeo
通販Neo-Yahoo!ショッピング編
通販Neo-楽天編
OnlineShop-Neo Amazon-USA
OnlineShop-Neo Amazon-UK
通販検索Neo
モバイル通販Neo-楽天
モバイル通販Neo
トラベルNeo
脳の機能と心と体の健康
ネオラクス
無料SEO対策 無料SEO対策
応答速度 & Google PageRank
(192.168.1.100)